想いを胸にお供えの花束を捧げ

アートフラワーの供花も承ります

ライン

画像はサンプルです。 イメージを決めずに

その時のいいお花で作れば最も見栄えよく出来ます

ライン
ライン

画像をクリックすると拡大画像でご覧になれます

サイズは 横(幅)× 縦(高さ)× 奥行き cm です

ライン

¥3000~¥4000

ライン

¥5000

ライン

御供えの花束ご注文時において

¥5000以上の御供えの花束は一週間以上前にご注文頂きますと、より御供えの花束をお届けできます

※青・紫系の生花は高価な事が多く見栄えしなくなりがちです

また、ご希望のお花を使用されたい時は2週間前にご注文下さい

生花並びにアートフラワーでも承ります。

※アートフラワーで制作する場合はより日数がかかることがあります

ライン

御供えの花束について

ご自宅並びに葬儀会場内外の供花一式(供花フラワーアレンジ、供花スタンド花、供花花束等)のご相談に応じますので、なんなりとお申し付け下さい

ライン

御供えの花束を贈るのにふさわしいとき

御供えの花束は、仏前に飾るための花瓶もしくは花器があるということが分かっている時か、普段お花を生けている方に贈られるのがふさわしいと思います。

というのは、ご自分でその花束を好きなように生け直すことができるからなのです

逆に言えば、慣れていない方ですと頂いた花束をそのまま飾ろうとされますが、仏前にある花瓶もしくは花器がない場合は、その花束にあう花瓶がないことが殆どです。

結局、大きめのコップ等に傾いた形で無理やり飾られることになりかねません

花束というのはそのままのかたちで飾るのではなく、

いったん紐をほどいて、花瓶に合わせて生け直すほうが綺麗に飾れます

ライン

御供えの花束を長く飾って頂くために

花束は日頃のお手入れが欠かせません。

お手入れをすればするほど長く楽しむことができるため、日頃お花を生けてる方に向いているものだと考えます

・御供えの花束を花瓶に生ける前に

以下の日々のお手入れをすることで御供えの花束を長く飾っていただくことができます

花束はそのまま花瓶に生けずに、一度茎の先を切り戻してから生けて下さい。

というのは、大抵茎の先が半乾きになっているので、そのまま生けると水揚げが悪くなるからです

また、頂いてから長時間経っている場合は花瓶に生ける前に水揚げをして下さい。

花を新聞紙で包んで深水にしばらく浸け、元気になってから花瓶に生けて下さい

・花瓶に生けた御供えの花束の水替え

花瓶の水は替えれば替えるほどいいです。

毎日は言うに及ばず気がついたときに水替えするくらいが一番いいのです

水は水道水で充分です。もしくは延命剤を使用するのもよいかと思いますが、

それ以外の民間の知恵的な方法は一長一短があるのでご注意下さい

・花瓶に生けた御供えの花束の茎の切り戻し

水に浸かる部分、特に茎の先は最も腐敗が進む場所です。

茎の先が腐敗すると水を吸う道管が詰まり水揚げが悪くなります

ですので、2~3日に一度、茎の先数cmを切り戻して下さい

切り先が茶色く変色している場合は腐敗して道管が詰まっていますので綺麗な部分まで切り戻して下さい

・花瓶に生けた御供えの花束を萎れにくくするために

切り花は根がないので水を吸い上げる力が極端に弱いのです。

ですので、水分を体から出さない工夫をすると萎れにくくなります

葉をできるだけ取っておくと蒸散が防げるので萎れにくくなります。

また、つぼみ等も取ったほうが花の負担も軽くなり萎れにくくなりますし、他のつぼみも開花しやすくなります

茎が曲がると道管も曲がるので水が揚がりにくくなります。

ですので、茎が曲がらないようテープで固定する等すると花持ちがよくなります

※薔薇やガーベラ等に特に効果的です

ライン

花瓶に生けた御供えの花束が萎れてしまったときに

花瓶から出して新聞紙で花全体をくるんで、

水の中で茎の先を切り戻して元気になるまで深水に浸けて下さい

※できるだけ寝かせて水揚げをすると早く水が揚がります

他に湯揚げ、焼き揚げ、潰し揚げ等の水揚げ方法がありますが、花によっては向いてないものもあるのでご注意下さい

ライン